あいち朝日遺跡ミュージアム 企画展「弥生農耕ことはじめ-出土した農具から探る-」 | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. イベント一覧
  3. あいち朝日遺跡ミュージアム 企画展「弥生農耕ことはじめ-出土した農具から探る-」

清須市

あいち朝日遺跡ミュージアム 企画展「弥生農耕ことはじめ-出土した農具から探る-」

(あいちあさひいせきみゅーじあむ きかくてん「やよいのうこうことはじめ しゅつどしたのうぐからさぐる」)

【このイベントは終了しました。】

開催日 : 2023年10月21日 ~ 2023年12月17日


  • あいち朝日遺跡ミュージアム

  • LINEで送る

弥生時代には、農耕が始まり、様々な農具が普及していきました。収穫に用いられた石包丁、脱穀や籾摺りに用いられた杵や臼は、農耕とともに大陸からもたらされた新しい道具でした。一方、大型石包丁のように、その役割がはっきりと説明されていない道具もあり、現在も研究が進められています。

今回の企画展では、九州から中部地方で出土した、収穫・調製(脱穀、籾摺りなど)に用いられた農具を取り上げ、弥生時代の人々がどのようにコメを収穫し、どのように保管・加工していたのか、弥生時代の農耕技術について考えます。

また、企画展に関連したシンポジウムでは、全国各地に広がる遺跡等で運営されている復元・体験水田において、実験的な研究に取り組んでいる「水田稲作技術比較研究プロジェクト」と協力して、弥生農耕技術の最新の研究成果を発信していきます。

Outline

イベントの概要

  • 駐車場
  • 授乳コーナー
開催日 2023年10月21日(土)~12月17日(日)
開催時間 9:30~17:00
開催場所 あいち朝日遺跡ミュージアム 本館(企画展示室)
所在地 〒452-0932
清須市朝日貝塚1番地
料金 観覧料
一般300円(250円)、大学生・高校生200円(150円)
※ ( )内は20名以上の団体料金(要事前申込み)
※ 学校行事(高校以下)とその引率者、中学生、障がい者の方及びその付添いの方(1名まで)は無料。
※ 常設展も観覧できます。
「あいちウィーク」(11月21日(火)~27日(月)まで)の期間中は、観覧料が無料です。
トイレ 有り
お問い合わせ 052-409-1467
定休日 月曜日(祝休日の場合、翌平日)
※「あいち県民の日」(11月27日(月))は開館します。
駐車場 無料(普通車15台/大型バス3台)
関連サイト

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

◎名鉄「新清洲」駅から徒歩22分
◎JR「枇杷島」駅から城北線「尾張星の宮」駅下車。徒歩9分
◎JR「枇杷島」駅からきよす あしがるバス「ピアゴ清洲店前(あいち朝日遺跡ミュージアム)」バス停下車。徒歩2分

お車でのアクセス

◎名古屋第二環状自動車道「清須東IC」より1分
◎名古屋高速道路「清須出口」より1分