矢勝川(彼岸花) | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. スポット・イベント一覧
  3. 矢勝川(彼岸花)

半田市

矢勝川(彼岸花)

(やかちがわ(ひがんばな))

  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)
  • 矢勝川(彼岸花)

  • LINEで送る
童話「ごんぎつね」の里をのんびり散策

教科書にも採用される有名な童話「ごんぎつね」の作者・新美南吉生誕の地としても知られる半田市。中でも「ごんぎつね」の舞台となった矢勝川周辺には、童話の世界そのままののどかな里山風景が広がり、のんびりと散策するのに最適なエリアです。
名鉄河和線「半田口」駅から西へ5分ほど歩き県道264 号線へ、さらに北へ5~6分で「ででむし広場」に到着。ここを起点に矢勝川南側堤を西へ約1.5キロ、新美南吉記念館へと至る道のりが、人気のウォーキング・コース。同じく矢勝川北側堤はサイクリング・ロードとして舗装整備されています。

Outline

スポットの概要

  • 駐車場
所在地 〒475-0001
半田市岩滑西町1-10-1
開催場所 常福院の裏手にある高田橋から西の方角の弘法橋まで2km(30分)程の散歩道です。

半田口駅→(170m・4分)→生家→(440m・5分)→ででむし広場→(900m・15分)→彼岸花案内所(開花時期のみ開設)→(520m・8分)→弘法橋→(720m・11分)→新美南吉記念館
開催日 9月下旬

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

名鉄「名古屋」駅から、名鉄河和線「半田口」駅下車。
「新美南吉記念館」までは、駅から西へ徒歩約20分。

お車でのアクセス

知多半島道路「半田中央IC」から約5分。